公式ブログ

2018.08.22 Q&A

親に遺言書を書いてもらうためにどう切り出りだしたらいいでしょうか?

■方法1
遺言書の大切さを説明し、遺言書がないと相続トラブルが起こることを事例などを交えて説明してみてはいかがでしょうか。最近相続を経験した知り合いに司法書士などの専門家を紹介された、会社の上司との会話で相続手続きに関してアドバイスを受けたなど外部からの理由で遺言書作成について切り出すのは自然な感じです。

■方法2
遺言書を書いて欲しいとストレートに依頼し、専門家へ一緒に相談に行くなど、遺言書の作成手続きを手伝うと伝えることですんなり進む場合もあります。遺言書は一回作ったらおしまいではなく何回でも書き直しできることも併せて伝えてみてはいかがでしょうか。

■方法3
まず自分で遺言書を書いてみるのもよい方法です。自分が体験してみると、親にすすめるときにも説得力があります。
『私、つい最近遺言を書いたんだ。』と言えば、親も『え?どうしたの?』と言ってくるでしょう。そこから、遺言書を書くことのメリットを説明すれば遺言書はまだ先だと思っていた親も、そろそろ準備しようかという気になります。
この場合、ご自身の遺言書は市販の『遺言書キット』を使ってみてもいいですね。

ご相談・添削無料!
お気軽にお問い合わせください。

0120-95-3706365日10時~18時対応

お申し込み

\ スマートフォンをお持ちの方はこちら /
カンタン!LINE添削
詳しく見る
\ パソコンをお持ちの方はこちら /
カンタン!画像添削
詳しく見る